読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PSE闘病記 その4

PSE闘病記 その1は、手術日前日。

手術日をx日とするとx-1日。

その2は手術日なので x日。

その3は手術日の翌日なので x+1日。

このその4は、x+2日〜x+4日までをリポートしたいと思います。

 

この間、いくつか既に指摘されているPSEの直接的副作用の中で私には、腹痛、発熱、腹水が発生しました。

加えて、腹痛をかばって寝ていた為か首筋を痛めてしまいました。

 

「腹痛」

最初は肋骨の裏側というか脾臓自体がズキズキ痛むパターンでしたが、これが引いていくに連れて、咳、くしゃみ、腹筋に力が入る時に痛みが響くように変化していきました。この響くというのは、手術するとよくあることではありますが、いつになったら無くなるのか予想がつかないのがもどかしいですね。

対策は痛みの緩和、痛み止めの服用しかありません。点滴で入れるとよく効きます。

 

「発熱」

術後私の場合、37度後半の熱が続き、抗生剤の点滴をx+4日現在継続中で、朝方は36度台になって来ました。

 

「腹水」

肝臓疾患を持っている場合、腹水が溜まりやすいような気がします。

私の場合、過去に何度も腹水は経験しており、何となく身体が腹水の信号を発してくれるので先に医師に腹水が溜まりだしている旨を伝達しました。

対策は利尿剤の服用ですが、点滴で入れるとよく効きます。

 

「首筋痛」

首筋から肩にかけて、痛みが走るようになりました。最初は甘く見てたのですが、夜中余りの痛さに眠れず整形外科受診を希望しました。

レントゲンの結果メスを入れなければならないような状態では無いとの判断でしたので、モーラステープという貼り薬とカロナールという痛み止めの内服で、x+4日現在痛みはピークの半分になりました。もう暫くこれを継続します。