読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医師は「神」なのか

さいたま市にある某医療センターの若い内科医の弁。

医師の言うことを守ってくれていれば、こちらも協力して治療に当たるが、守ってくれていなければ、治る意思が無いということなので治療は出来ない。

 

その時は、そりゃーそーだよな…って思ったが、その考えや発言は世俗界では通じるかもしれないが、医療の世界で医師が発言してもよいものだろうか、、

 

ナイチンゲールのように敵味方の分け隔てなく、眼前の患者を助けるのではなく、医師の言うことをきく患者にのみ手を差し伸べる的な発言。

その発言主と友人とのプライベートな会話の中ならいざ知らず、患者に対して話すという、オフィシャルな関係での発言。

その神経は私には理解出来ななっかった。

 

聖人たれ!と言うつもりは毛頭無い。そんな事は期待もしていない。

しかし、医師という職業を選び、実際に医療の現場で他人の命と向き合うブロである以上、その発言は無いんじゃないの…とは言いたい。

 

積み上げられて来た症例パターンと、検査データから病気を特定し、その病気に対しマニュアル的に治療パターンが決定し、そのマニュアル通りに進めるという現代の医療システムは合理的ではあが、医師もまた人、、という側面が医師の要請過程から抜け落ちているように思える。

 

この病院では以前にも別の内科医からこんな事を言われた。

あなたは肝硬変で他人より寿命が短いのだから、、、

ホホーあなた(医師)は人の寿命を司るの 神 なのか。

確かに統計的にはそうであろう。それを否定するつもりもない。

日本人の平均寿命より短かくしか生きられないかどうかなんて、本当に 神のみぞ知る の領域。

加えて、患者本人が寿命の事を尋ねてもいないし、寿命云々の話をしなければならないような問答でもなかったので、びっくりした。

この医師も患者を自分と同じ 人 だと思ってないとしか思えない。

この医師は、辞めて開業している。

 

これら二人の医師の共通点は、同じ病院に勤めている(いた)と、女医であるという点。

偶然だとはおもうが、、、

 

医師は患者に対して100%強者の立場にいるからこそ、、

医師という世間から尊敬される職業に従事しているからこそ、、

医師には、マニュアルに精通するだけでなく、同じ人間という基本的な事を忘れて欲しくないと望みたいのだが。

望んではいけないのだろうか。

それと、そんな医師が日本にこの2名だけであって欲しい。