読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PSE闘病記 その7 EVL

今日はx+8日 EVL手術日です。

いつ呼ばれるかわからないが朝から絶食して待機。

結局17時頃に呼ばれた。

 

内視鏡を口から入れるので、喉の麻酔の後に点滴から意識を朦朧とさせる薬剤を注入。この薬剤は私との相性が良く、注入5秒ほどで眠りに落ちてその後の事は一切覚えていない。

聞くところによると8ヶ所やったそうである。

ストレッチャーに乗り病室へ戻る。

 

後遺症の一つ、発熱。

やはり手術なので熱は出た。37度後半。

痛み。直接的な痛みはさほどでもない。食道が物理的に狭くなっている感覚と軽い鈍痛がある。しかしPSEに比べると痛い内には入らない。

痛みのぶり返しが無くこのまま収束してくれるのを期待。

 

x+9日 EVLの翌日

朝の時点で熱は引かず。そう簡単には引かないのは想定の範囲。

痛みは脾臓関連は変わらず、昨日のEVLに対するものは、痛いというよりは違和感の方が近いような気がする。

点滴で生きているので、体重は減少。腹水も減少してくれていれはありがたいのだが。

午前中に腹部エコー検査で腹水や脾臓の状態を確認。

特段の問題は見つからなかったようだ。腹水も溜まっているとは言えない程度。確かに体重も微減してきている。

しかし微熱が続いている。

夕食から五分粥が開始された。

嚥下時に食道が狭くなったような違和感はある。まぁこれも当然ではあるが。

 

熱の様子を見て週明け退院の方向が決定。