読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホテルメトロポリタン さいたま新都心 レストラン

さいたま新都心にホテルメトロポリタンが建設中です。オープンは6月中旬。

2階のデッキに続いている部分が見えるようになり、テナントとして入るレストランの看板が出ていました。

f:id:yotsukado-oldboy:20170424180626j:plain

その中から気になったお店をご紹介します。

 

華味鳥

博多が本社のトリセンフーズが展開している水炊き店です。ここのポン酢がやや甘めでポン酢特有のツンとした感じも無く美味しいです。以前はこのポン酢が近くのクイーンズ伊勢丹で売ってたんですが、大宮、与野、浦和地区で売っている所は無いと思います。

食べたい・・・!

f:id:yotsukado-oldboy:20170424180640j:plain

ビストロ石川亭

銀座、大手町、コレド室町等にも店を持っています。

石川亭の代名詞はキャベツの入ったハンバーグだそうです。230gのボリュームにハンバーグに合わせたオリジナルデミグラスソース。キャベツの食感が独特な人気ナンバーワンメニュー・・・美味そうですね。

f:id:yotsukado-oldboy:20170424180656j:plain

 

すし風凛

大宮駅東口の住宅街の中にあるお寿司屋さんの出店のようですね。特上は5貫で2200円だそうです。

 

横浜中華街 梅蘭

中華街に3店舗構えている本場中華の進出のようですね。食べログでメニューをチェックすると、空心菜がありました。ニンニクと唐辛子で炒めた空芯菜!本場中国でも有名な一品は常連のお客様に大人気です。梅蘭にお越しの際は是非一度ご賞味ください!・・との事です。

f:id:yotsukado-oldboy:20170424180739j:plain

 

築地食堂源ちゃん

都市部に展開。平日のランチは同ビル内や近隣のサラリーマン・OLをターゲットに路面型同様、 お得でボリューム感ある定食メニューにプラス、旬と鮮度にこだわった日替りメニューを提供します。 ディナーはランチ利用者のリピーターをターゲットに、いつ来ても飽きのこない旬の黒板メニューとアルコールを提供。 休日は個人やカップル、ファミリー層と幅広いお客様にご利用して頂いている店舗です。 これが、さいたま新都心店のコンセプトのようですね。  源ちゃん丼はお昼にさいたま新都心のお役人様に人気になりそうです。

f:id:yotsukado-oldboy:20170424180801j:plain

 

つけそば 舎鈴

東京六厘舎と同系列のつけそば屋さんです。毎日食べられるつけそばをコンセプトにしているそうです。

http://www.tsukemen-sharin.com/ ここのHPはTOPページに動画・・カッコいい。

等々新しいお店が進出してきますね。楽しみです。

 

攻殻機動隊 ネタばれ有るかも、、

今日は攻殻機動隊を観て来た。言わずと知れたアニメの実写版。映像化が難しいと言われていたが、昨今のCG技術で街や高層ビルの景色は、ブレードランナー的、、いやもっと電脳臭く描かれていた。

トーリーはハッカーを追っていく過程で、草薙素子の素性が徐々に解ってくるという背骨にアクションや心象風景、公安9課の仲間との絆というような肉が付いていた。

ビートたけし扮する公安9課のボス。アニメでは冴えない風貌で飄々とした感じだったと思うが、映画では鬼の9課長的に描かれていた。なんと所持する拳銃は多分マグナム。敵を射殺した後に、リボルバーから薬莢を落とす所なんか次元大介かと思った。

少佐を演じたスカーレットヨハンソン。アップのシーンも多く、よくよく見ると可愛い。乗っていたバイクにはHONDAのロゴが、、

接待用の芸者ロボットがちょっとキモイ。特に改良されたやつは、蜘蛛女みたいだった。

草薙素子の母親役でももいかおりが出演。英語の台詞を上手にこなしももいワールドの芝居をしていました。

 

ネタバレ・・・

実は電脳シティからドロップアウトしていた草薙素子とその仲間達は、脳以外を機械の身体にする実験台として捉えられ、98人の失敗の末草薙素子が少佐として生れた。その時に草薙素子の当初持っていた記憶は、自分は難民でテロに難民ボートが襲われ両親はその時に死んだと書き換えられた。そして草薙素子は公安9課に配属され「戦士ミラ」として生まれ変わった。

この素子の元恋人も一緒に捉えられ実験台にされたが生き延びて復讐鬼となり、公安9課と対決することとなった。しかし、このような人体実験が行われたという事実が公安9課の荒巻(たけし)が知るところとなり、公安9課と人体実験を行ったハンカ社のカッターとの戦いとなり、最後は荒巻がカッターを草薙素子の同意の下で射殺。素子の元恋人はこの戦いの中でカッターに殺されてしまった。

あの戦いから1年、、ミラは草薙素子の墓に参り母に「もう来ない」と告げ、母も「解ってる」と返し母と別れ、公安9課の仕事に戻った。

超簡単なネタバレでした。

アニメのインパクトが強く実写版ではどうなる事かと思いましたが、アニメをそれほど詳しくなくても知っている人なら、士郎正宗の世界観が楽しめるものになっていると思う。 一般うけはしないかな・・

テロ等準備罪

墓荒らしや保安林でキノコを取るのも対象になるらしい。

どの行為が対象になるのかの定義が曖昧なのは事実。歴史を見ると、権力側は全てを自らの裁量下に置きたい方向にしか行かない。

犯罪が起きてから対処するというリスクを取るか、権力側に監視されるリスクを取るのか、、我々に突きつけられた大きな問題ですね。

個人的には監視はごめんですね。

PIRATES OF THE DESERT 3

4月16日は、東京女子流の中江友梨ちゃんが準主演の PIRATES OF THE DESERT 3を池袋のシアターグリーンで観てきました。

中江友梨ちゃんは、このお芝居が4作目の出演です。東京女子流の中では最も芝居経験が豊富なメンバーです。

主演は先般解散した DREAM 5の日比美思ちゃんです。

 ネタバレ ネタバレ ネタバレ

もう芝居も終わったのでネタバレしてもOKかと・・・

時代は未来。かつて世界には7つの大きなハバル(海)があったが、ハバルに浮かぶ島の間で大きな争いがあり、ハバルは消滅し砂漠と化した世界。

そう、北斗の拳とかマッドマックスの世界ですね。

その砂漠を航行できる船で海賊をしながら、南のハバルを探して旅をする女海賊団ジャイード・ワルド団が物語の中心です。このジャイード・ワルド団の船長(頭)、ラナーを日比美思ちゃんが演じています。

ここにラナーを捕まえようとするカナロア国の女王アーネラ、ラナーと因縁深いドン・ジャバード率いる大海賊ヘサーム団、カロアナ国に雇われラナーを狙うハク率いる傭兵軍団、そしてジャイード・ワルド団を名乗るもう一つのジャイード・ワルド団とその偽ジャイード・ワルド団の船長ラナーを名乗る謎の女海賊マルジュ(中江友梨ちゃん)が絡んできます。

偽ジャイード・ワルド団は何故かわざとカナロア国に捕まります。わざと捕まった理由。女王アーネラが執拗にラナーを追う理由にラナーの出生の秘密という3つのポイントの謎解きとその過程で出演者の歌、ダンス、もちろんお芝居、アドリブ、殺陣が繰り広げられます。

私は東京女子流の中江友梨ちゃんを観に行ったのですが、大勢のアイドルの方も出演していました。

偽ジャイード・ワルド団のマルジュの部下役で、Chubbinessの池山智瑛さん、アイドルカレッジの河東杏樹さん、恥じらいレスキューJPNの佐伯香織さん、ラナーの部下役でSharbetの犬童美乃梨さん、お掃除ユニットの軽辺るかさん、傭兵軍団にはピンクベイビーズの佐藤琴乃さん・・・等

さて物語の結末は、、、

ラナーはカナロア国のかつての女王の娘で、カナロア国がかつて他国から攻められた時難を逃れる為にウターリド国に亡命させていた。女王アーネラは女王からラナーを見つけ出し、見つけ出すまでは暫定女王としてカナロア国を守る命を帯びていた。

そしてマルジュはラナーの亡命先のウターリドでラナーと一緒にそだちウタリードの総指揮官からラナーを守るように言われていたのであった。

更に、カナロア国には唯一残されたハバルへの秘密の入口があった。

全てが解決した時、ラナーはハバルに漕ぎ出す旅の船長をマルジュに譲り自らはハバルを守る宿命のカナロア国の女王として生きる事を決めたのでした。

今回は「3」ファイナル章、昨年一昨年を「1,2」が上演され日比美思ちゃんは1作目2作目でもラナーを演じたとの事でこの作品への思い入れが強く、なかなかの演技だったと思います。(私は演劇通ではないのでこんな感想しか述べられませんが、、)

3回のカーテンコールにスタンディングオベイション、2時間半近くのお芝居でしたが、飽きる事もなく面白く、本当に楽しめました。

リトグリ麻珠の離脱に関する雑感

2017年4月16日にリトグリの麻珠の時期未定の活動休止が発表された。

2015年、東京女子流もKさんが卒業するという事件があり、この時はKさんのファンはもちろん、東京女子流ファンも大きく動揺しました。Kさんの当時の年齢は18歳、麻珠と同じ。Kさんは東京女子流の中では歌姫と呼ばれ女子流のヴォーカルの要であった。この点も麻珠ちゃんと似ています。

Kさんが卒業した理由の詳細は明かされていませんが、お年頃の女の子である事、自分が目指す/好きな音楽の方向とグループの方向がずれてきた事、大人になり露出も含めた色気を感じさせる衣装が増えてきた事、等々が混ざり合って悩んだ結果の決断であったようです。(現在は普通の学生として生活しています)

 

麻珠ちゃんの活動休止理由に関するキーワードは「自分のペース」、「音楽の勉強」といったもののようですが、真の理由は測り知ることはできません。

最近のリトグリの活動ペースはすさまじいものがあったと思います。リリースイベントでの移動しかり、春ツアーでの移動しかり。その合間をぬってその他のイベントへの出演等、メンバーが、自分達は毎日歌うだけの機械のようだと感じたとしても不思議ではなかったのではないでしょうか。

音楽の方向性について、麻珠ちゃんがどう感じていたのかは解りませんが、リトグリの楽曲はJPOP、ソウル、ロック、JAZZ等色々なサウンドが織り込まれおり、麻珠ちゃんに何かのジャンルに特別な思い入れがあるのであれば、そのジャンルをもっとしっかりやっていきたいと思ったのかもしれません。

そのうちに2chネタ的にメンバーとの不仲説や恋愛説などが流れる可能性はありますが、これらについては無視(仮に真実だとしても)することに私は決めています。いずれにしても活動休止の真の理由は語られることは無いでしょう。

さて、それでは、麻珠無き後のリトグリはどうするのでしょうか。

東京女子流の場合は辞めたKさんのパートを残りのメンバーに割り振りました。リトグリも麻珠のソロパートは他のメンバーに割り振られることになると思われます。しかし声や歌い方にそれぞれ特徴を持つリトグリメンバーだからこそ、麻珠の声の代わりはおらず結局麻珠節がもう聞けなくなる事になります。寂しい限りです。

東京女子流の場合はもう一つダンスの問題がありました。彼女達はかなり複雑なフォーメーションでダンスをするのでフォーメーションの変更という作業に時間がかかったのではないかと思います。その点リトグリはダンスについてはそれほどの作業にはならないと思われますが、ハモリの再構築が必要となるケースが多くなると想像されます。音の厚みが変わるのはしかたがない事ですが、リトグリの命とも言うべきハモリをどう残ったメンバーでクリアするかは大きな課題になるでしょう。

個人的にはハモリよりもっと大きな問題ではないかと思っている事があります。それは、麻珠がやっていたハイトーンでの声を張ったリフをどうするのか?という問題でです。

麻珠と芹奈はリトグリの中のちびっこNo.1と2ですが、声はでかいしリフは力強くソウルフルです。(私は 好きだ の最後あたりの二人のリフバトルが大好きです)その麻珠のリフを誰にやってもらうかはソロパートの割り振りよりはるかに困難になると思われます。

非難覚悟で言えば、麻珠のリフは芹奈を除いて現時点では誰も出来ないと思います。一方で候補としては、歌の上手さで抜きんでているMANAKAがこれをカバーすることになるのではないでしょうか。(今はまだ麻珠には及ばないが、、)

かれんもいるが、彼女はそもそも声が低いので麻珠的な感じにはならないし、MAYUとあさひではあのリフは無理だと思います。MANAKAの声も勿論麻珠とは違いますが彼女ならそのうちにMANAKA節を確立してくれるのではないかと思っています。

最後に、活動休止した麻珠はこれからどうするのでしょうか。私の知る限り、一旦引いたメンバーが元の鞘に収まった事はありません。つまり、時期をみて正式脱退(卒業)になるのではないでしょうか。

卒業後にソロ歌手デビュー・・これもほぼ難しいと思われます。辞めたいと言って、辞めてソロ歌手になる事に対し、ハイどーぞ・・なんて甘い事を言ってくれる業界ではなさそうです。また、音楽業界はけっこうドロドロしているようで、運営サイドから見ると折角ここまでリトグリに投資して売れてきている所に、冷水を掛けるような行動をしやがって・・・ と映っているかもしれません。

それに、ソロ歌手になって麻珠ちゃんは自分の事をどう紹介するのでしょうか、、イベントに出て司会者から「何故リトグリを辞めてソロ歌手になったんですか?」と尋ねられたらどう答えるのでしょうか、、 リトグリが完全解散でもしなければソロ歌手としてのデビューは無理だと私は思います。

また、麻珠ちゃんはどんなジャンルの歌が歌いたいんでしょうか、、 何でも歌える力は持っているが、単に歌が上手い歌手は大勢いる中で何を個性として前面に打ち出していきプロ歌手として生きていくのかはとても難しいと思います。

こんな風に描くと麻珠ちゃんをディスっているようにみえますが、私はメジャーデビュー前、リリイベ時のお客さんが20人くらいの頃から彼女達をみてきていて、麻珠ちゃんからも、あたしの事を麻珠先輩と呼ぶ変なおじさん・・くらいには認識してもらっています。麻珠ちゃんの笑顔がとっても可愛くリリイベでは芹奈と麻珠には必ず行くくらいの麻珠ファンです。

しかし今回の件のリトグリ(後ろにいる大人や企業を含め)に与えるインパクトはかなり大きいと思いますので、麻珠ちゃんも華やかなスポットライトはもう浴びられないかもしれない・・くらいの覚悟を持って今回の決断をしたものと思います。

残ったリトグリメンバーには引き続き、東京オリンピック、世界ツアーを目指してもらい、麻珠ちゃんにはプロ歌手ではない生き方、もしくは自分の好きな歌をそれを応援してくれるファンに向けて地道に活動するような生き方、、いずれにしても自分が望んだ道を笑って進んで行ってもらいたいと思います。

 

 

リトグリ武道館ライブDVDリリイベ

4月5日はリトグリの武道館ライブDVDの発売日です。

発売のリリイベとして前日の4日に渋谷TSUTAYAフラゲ購入者対象のサイン会が開催されました。

相変わらずの人出。

渋谷TSUTAYAの待機場所(行列)は外階段。サイン会場が2階、列は6階までの2列(芹奈列のみ)と言うような状態です。

CDに比べると高価なDVDですが当然のごとく複数枚のファンもいて、いつ果てるともなく列が動いていました。

サイン会の良いところは、話ができる事。みんなネタを考えながら並んでいます。私も芹奈と何話すか考えてその場に臨んだのですが、目が合った瞬間、

 

芹:きゃー元気〜!といきなりのタメ口挨拶が飛んできました。

Yotsukado(以後Y):秦野の次の日からまた入院してたんだよ。

芹:大丈夫…小顔になった?

解説・・2年前に入院した時に20kg以上痩せた。その時の私のビフォーアフターを芹奈は知ってる。その時以来入院→小顔と言う思考回路が出来上がったものと思われる。

Y:おお…少しね。ホント死にかけたんだよ。

解説・・以前書いたPSE手術の原因となった食道静脈瘤の破裂。5〜6人に1人は亡くなる方がいるらしい。

芹:え〜っ  死なんといて、生きて〜!

Y:国際フォーラム行くからね…

芹&Y:バイバイ

サイン会の列が丁度途絶えていたManakaがこの会話を聞いて横で笑っていました。

 

麻珠先輩にもサインをもらいこの日は終了しました。

f:id:yotsukado-oldboy:20170405095343j:image

 

車をヒカリエに停めていたので、駐車料金節約の為にココナッツミルクヨーグルトのスイーツをお土産に買って帰りました。

f:id:yotsukado-oldboy:20170405095529j:image

 

PSE闘病記 その9 最終回

x+10日  EVL手術から3日目。

状態は昨日と同じ。

微熱37度代と脾臓の鈍痛。

検査結果に問題はなさそうなので、x+12日に退院予定は継続している。

 

自分は花粉症なので微熱はその影響もあるのかもしれない。

 

体力がガタ落ちしている。

歩くスピードも遅い。

歳は取りたくないものである。

体力が戻るかが心配。

 

x+12日 退院。

調子は完全に戻ったとは会えないが、これ以上入院していても、何か特別な治療をするわけだもない。

食が細くなった。腹痛はまだ時々ある。身体はだるい。体力は無い。

しかしまだ家の方が病室よりはマシ。

 

取り敢えずこれで闘病記を一旦終了とします。